中国人的法律咨询专家 中国人の法律相談に対応できる弁護士なら麹町大通り総合法律事務所

03-3556-7441

  • 首页 HOME
  • 事务所简介 事務所紹介
  • 专业队伍 弁護士紹介
  • 专业领域 取扱い分野
  • 费用 費用
  • 依赖者心声 依頼者の声
  • 新闻媒体 メディア掲載
  • 国际合同 国際契約
  • 劳务问题 労務問題
  • 债权回收 債権回収
  • 入境管理 入管法
  • 国际离婚 国際離婚
  • 交通事故 交通事故
  • 刑事案件 刑事事件
  • 以及其它 その他
  • HOME
  • 关于中国企业对日企的投资 / 中国企業の対日投資

対日投資の中国企業の対日投資

中国企業に限らず、外国企業や外国人の対日投資は拡大する傾向にあります。対日投資の具体的な内容は、日本企業に直接出資するケースに限りません。日本企業と合弁で新たに会社を設立するケースもありますし、子会社を日本に設立する際に日本企業からノウハウや技術の提供を受けるといったケースもあります。
 
日本における外資規制の一般的な法律は「外国為替及び外国貿易法」(いわゆる「外為法」)です。もっとも、「外為法」は、金融自由化の名の下、大幅改正され、現在は対外取引に対して必要最小限の規制を設けてるだけで、外資規制としてはハードルは非常に低くなりました。
 

所長弁護士本杉明義

 
すなわち、「外為法」上、同法23条に該当する直接投資の場合、一部事前届出制・原則事後報告制が取られています。それ以外に、業種によっては個別法で規制がなされている場合があります(例えば電気通信事業など)。
 
さらに、個別法での規制ではないが、業種によっては届出、登録、報告等の行政上の手続きが課されている場合があります。

また、業種による規制ではなく、日本におけるビジネスモデルによって個別の規制がかかります(例えば、消費者に対する勧誘を伴う場合、消費者契約法、特定商取引法など)。

以上のとおり、中国企業の対日投資自体はハードルが非常に低くなっていますが、国内でビジネスモデルを展開するに当たっては色々な障壁にぶつかる可能性がありますので、専門家にリーガルチェックを受ける必要があります。

当事務所は、国内の様々な業種(金融業、建設業、小売業、サービス業、卸売業など)の企業様と顧問契約を締結していただいており、様々な業種に対応可能です。

 

SttlTop3.jpg



关于中国企业对日企的投资

现在不仅包括中国企业,一些外国企业及外国人对日企的投资也正走向扩大的趋势。
 
对日企投资的具体内容已经不仅仅只限于对日本企业的直接投资。和日本的企业合并成立新的会社,以及接受日本企业的技术知识和技术情报的赞助,在日本成立子会社的情况也大有所在。
 

所長弁護士本杉明義

 
在日本限于外资规制的一般法律是「国际汇款及国际贸易法」简称「外汇法」。当然,「外汇法」只是在金融自由化的名义下,经过大副改正,对现在的对外交易进行最小限度的外汇管制而已,对于外资管制来说还是有漏洞的。

也就是说,如果要符合「外汇法」第23条规定进行直接投资时,必须要采取一部分事前登记・原则事后报告的制度。另外,针对行业种类的不同还有个别的法制规定(例如电气通信事业等)。
 
还有,虽然不是个别法制规定,但是根据行业种类的不同还需要去行政机关办理一些登记,登录,报告等的行政手续。

加上,不是受行业的限制,而是根据日本的商务模式还有特殊的法制规定。(例如,适用于对消费者进行劝诱时的「消费者合同法」「特定交易法」等)。

综上所述,中国企业对日企投资本身虽然不是很难,不过要在日本国内展开商务模式的话还是有各种各样碰壁的可能性,所以非常有必要请专家来进行法律检查。

本事物所与国内各种行业(金融业,建筑业,零售业,服务业,批发销售业等)签署了顾问合同,可以对各种行业提供法律服务。
 

 

SttlTop3.jpg

事务所简介 / 事務所紹介 专业队伍 / 弁護士紹介 专业领域 / 取扱い分野
费用 / 費用 委托者心声 / 依頼者の声 新闻媒体 / メディア掲載

事务所简介 事務所概要
blogbanner.jpg咨询预约登记表(离婚).png咨询预约登记表(继承).png仕組債・金融取引の紛争解決 金融取引.com弁護士による為替デリバティブ被害救済201505gkks.png